NEW!! 新着エロ漫画

田舎の出会い系ギャルは巨乳処女!? DLO-15 [Digital Lover]

 

 

⇒こちらから「田舎の出会い系ギャルは巨乳処女!? DLO-15」を見る

 

 

1週間エロ漫画人気ランキングBEST10

文学女子に食べられる3とは

人気シリーズ「文学女子に食べられる」に3作目が登場しました。

1作目、2作目で全国のM男君たちを虜にしてしまった本作品。

今回も女王様、というかお姫様?的存在のエロ可愛すぎる文学女子が登場します。

そして性欲の赴くまま、美味しそうに大好きな先輩を食べちゃいます。
 
今回はそのひまわりのたねさんの「文学女子に食べられる3」のストーリー紹介とエロ漫画レビュー、安心・安全なダウンロード方法について書いていきます。
 

文学女子に食べられる3のあらすじ(ネタバレ)

「文学女子に食べられる3」のストーリーやあらすじを、ネタバレありでエロ画像とともに紹介していきます。

ネタバレするのが嫌な方や、早くエロ漫画が読みたいという方はこちらをタップorクリックしてください。
 

文学女子に食べられる3のストーリー

幼い頃から人とのコミュニケーションがうまく取れなかった彼女は、いつも読書に明け暮れていた。

図書館に行き純文学や古典文学を読んでは、それらの恋愛描写に出てくる性描写に惹きつけられていた。

もちろん子供だったのでそれは空想のものであり、朧気なものであった。

が、しかしそれを読み、妄想を膨らませていくうちに下腹部が疼き、熱くなるのを実感していた。

女学生になりスマホを与えられるようになると、文章だけではわからなかったリアルな性の姿を目の当たりにすることができた。

そこからは周囲の人や大人をかなり意識するようになり、観察するようになった。

皆どんな恋愛をし、性についてどのような思いを抱いているのだろう。

色んな想像を巡らすものの、自分とは何かが違うと感じ、あいかわらずの孤立が続いていた。

 

性についての興味は自分の中で高まりつづけ、また誰とも共有する事無く膨らみ続けていた。

そんな日々が続く中、彼女はついには自慰をするに至った。

イってみたい、なんかすごいっ…わたしへんになっちゃった…ああこわいっ…おかしくなるっ! 

いろんな感情が錯綜するなか、身体は電撃を受けたように痺れ、痙攣していた。

彼女はその日から毎晩欠かさずに、部屋の鍵をかけ自慰をするようになった。

妄想癖と人間観察はさらにエスカレートし、いろんな創作物にも手を出すようになっていた。

自分の殻に閉じこもっていた彼女は、もう何年も妄想と自慰に明け暮れていた。

そして彼女の心身はもう…アブノーマルなものでしか満足できなくなっていた。

大人用玩具、調教、催眠、耳責め音声、お尻と喉奥開発等… 

あらゆるジャンルの性を貪欲に、興味の赴くまま貪りまくった。

 

そうして人との関わりを一切あきらめたまま、彼女は大学生になった。

彼女は文学サークルに入り、そこで「」と出会ってしまうのだった。

いつも彼女と同じサークル室でひとり、寂しそうに本を読み続けていた先輩と。

その先輩はもちろん彼女の初めての人であり、彼女だけのものでもあった。

今日もその先輩と…どこまでも深く、そして濃密な時間を共有していた。

彼女はぺちゃ、ぺちゃといやらしい音をたてながら先輩の乳首を舐めていた。

先輩のパンツの中のチ●コは張り裂けんばかりに、パンパンに勃起していた。

彼女はオードブルを食べるがごとく、先輩の指や足、お腹、脇、胸、首筋、耳をじっくり、味わうように舐めまわした。 

彼女は先輩が好きで好きでたまらなかった。

そして彼女の性的にやりたい事と、先輩の性的にやってほしい事は完璧にマッチしていた。

正確に言えば彼女が先輩を調教し、未知の新しい世界へ誘ったのちに彼はその全て受け入れ、自らそれを望むようになったとも言えるかもしれない。

 

今日もまた、私と一つになって気持ち良くなれる事…してあげますからねぇ… 

彼女は耳元で甘く囁きながら、先輩の耳を優しく舐めた。

さらに自分の着ていた服をさらりと先輩のお腹の上に置いた。

先輩はびくんっと反応したが、彼女は続けてブラジャーをギンギンに硬くなっているチン●にさらりとからめるように落とした。

そして彼女は、予想もしないセリフを囁いた。

私の服、着てみたいでしょう… 

先輩の腕に自分の上着を通し、胸にブラジャーをつけ、腰にスカートを履かした。

自分は先輩のシャツを羽織った。

お互いの服にはお互いの匂いが染みついていて、そこには背筋がゾクゾクするほどの一体感が生まれていた。

まだ挿入さえしていないのに、ひとつになったような感覚があった。 

彼女はパンティーを先輩のチ●コにふわりとかけると、そのまましゅこしゅこと擦りはじめた。

 

肌触りの良いパンティーが擦れるのが最高に気持ちよかった。

彼は我慢できずに、そのまま熱いものを空中にぶちまけた。

彼女はよだれを垂らしながら小刻みに震える先輩を見て、心底可愛い、愛おしいと感じていた。

そしてまだ硬さを維持していたいチ●コを自分の股間にあてがい、そのままゆっくり奥の方へと挿入していった…
 

文学女子に食べられる3の感想レビュー

文学女子に食べられる3でした。

今回は女性目線で、心理描写が細かく描かれていますね。

それこそ文学作品のような…

前回まではミステリアスな雰囲気だった彼女の内面を見ることができます。

 

プレイ内容は…ハードめな感じで、めちゃエロいです。

男が完全に受け身、ってことはやはり肝に銘じていた方が良いと思います。

けど自分はどっちかっていうとSかなって思う人も、案外これを読んだら新しい扉が開くかもしれませんね。

1作目や2作目も感じたけど、女性が読んでもやはり面白いのではないかと思います。

大好きな女の子にこんな風に責められたら…なんて妄想できちゃうので、もちろん男性にもおすすめですよ。
 

文学女子に食べられる3をダウンロードして読む

⇒こちらから「文学女子に食べられる3」を見る
 

エロ漫画ダウンロード情報

作者サークル:ひまわりのたね
配信開始日:2020/11/23
利用期限:無期限
ページ数:107ページ
シリーズ:文学女子に食べられる
ジャンル:拘束,成人向け,男性向け,後輩,インテリ,ラブラブ・あまあま,アナル,フェラ,中出し,女装・男の娘,おっぱい,痴女,新作
 

同人エロ漫画格付け侍によるエロ漫画評価

私が独断と偏見で評価し決定した「文学女子に食べられる3」の格付けは…

【 九段 】です。
 

あわせて読みたいひまわりのたねのその他のエロ漫画作品

おすすめの記事