NEW!! 新着エロ漫画

カラミざかり番外編~貴史と飯田~ [桂あいり]

 

 

⇒こちらから「カラミざかり番外編~貴史と飯田~」を見る

 

 

 
1週間エロ漫画人気ランキングBEST10

L教会と異端者一家とは

教会に住むある一家の背徳に彩られた秘密。

エロ漫画界の巨匠ヨールキ・パールキの作品です。
 
今回はそのヨールキ・パールキさんの「L教会と異端者一家」のストーリー紹介とエロ漫画レビュー、安心・安全なダウンロード方法について書いていきます。
 

L教会と異端者一家のあらすじ(ネタバレ)

「L教会と異端者一家」のストーリーやあらすじを、ネタバレありでエロ画像とともに紹介していきます。

ネタバレするのが嫌な方や、早くエロ漫画が読みたいという方はこちらをタップorクリックしてください。
 

L教会と異端者一家のストーリー

その教会には神父である父と、シスターである母、そして美しい姉に美少年の弟が生活していた。

今夜も自分の罪を懺悔しに来た信者が訪問してきて、神父はその者の罪の告白を物静かに聞き届けた。

すると、ある方法で自我の欲求を発散するのが良いという。

懺悔室の扉を開放して入って来たのは、すでに股から愛液を滴らせているシスターだった。

 

昂奮して発情して息づかいが荒くなっているシスターは、神父の妻だった。

罪を告白し、よく分からないまま我が欲望を発散すべきだと諭された信者は、目前の美しいシスターの誘惑に身を任せ、ドラスティックに腰を打ちつけ始めた。

ただ、彼女は全てを許したわけではなく、あくまでアナルのみだった。

それでも締めつけは凄まじく、信者の身体に快感が駆け巡った。

彼女の胸と下半身の肉付きは、修道女とは思えないほど官能的でエロティックだった。

 

そしてシスターの下腹部には、奇妙な印があった。

信者はエクスタシーを感じながらシスターのアナルの奥に射精したが、興奮状態の陰茎は治まる気配がまるでなく、いくらでもできそうなほどぬらぬらとテカリ、そそりたったまま。

そんな様子に神父は、彼女は私の妻なので後ろの穴だけだと、穏やかに二回戦を許した。

さらに懺悔室の近くで、漏れ聞こえるシスターの喘ぎ声を盗み聴き、自分のものを激しくしごいている美少年がいた。

彼は母の喘ぎ声の原因が、良くないことを実行しているからだと頭では理解していたが、その声をオカズにするオナニーの快感に抗えないでいた。

 

そうして絶頂の一発を放とうとしたその瞬間、背後から忍び寄ってきた姉に口と先っぽを塞がれ、全て姉の手にぶっかけてしまった。

オナニーに耽る弟をツリーハウスに連れ込む姉もまた、ゆがんだ性的嗜好を持っていた。

ツリーハウスの中にはゆったりできるように、ベッドが置かれていた。

姉がそこで弟のギンギンに硬くなったモノをしごき、気持ち良くさせるのはこれが初めてではなかった。

 

母の喘ぎ声よりも刺激的な、姉の温かくて柔らかい手と、湿ってとろりとした口の中にざらついた舌ざわり。

更に姉の舌にはピアスが空けられていて、先っぽがそれにクリクリ当たると、とても我慢ができなかった。

そうやって最高に気持ち良く絶頂を迎えても、弟はもっともっと出したくて仕方なかった。

しかし姉は挿入させようとはしなかった。さらに母の喘ぎ声もアナルによるもので、懺悔の後は自分で慰めているのだとも教えてあげたのだった。

 

父のイヴァン、母のソフィヤ、姉のキーラ、弟のアレクセイ。

このファミリーはとてつもないシークレットで繋がった一家だった。

イヴァンは妻はもちろん、娘にまでチン〇をぶち込み、快楽の虜にしていた。

四肢が義肢のアレクセイもまた、倫理観など崩壊して淫乱が過ぎる母の膣の温かさ、気持ち良さを経験していた。

バイブとローターを使って欲望の赴くまま絶頂するソフィヤ。

弟に対して騎乗位で素股し、射精まで導いていくキーラ。

異端と蔑まれるこのファミリーはとある目的のため、日夜セック〇を繰り返し行っているのだった…

 

L教会と異端者一家の感想レビュー

ヨールキ・パールキの世界観が好きな人にはたまらない作品となってますね。

今回は背徳感がたっぷりあるので、それがそそるという方にもおすすめです。

個人的にはツインテールのキーラのビジュアルやプレイ内容が好きです。

 

L教会と異端者一家をダウンロードして読む

⇒こちらから「L教会と異端者一家」を見る
 

エロ漫画ダウンロード情報

作者サークル:ヨールキ・パールキ
配信開始日:2020/04/24
ページ数:82ページ
ジャンル:母親,シスター,近親相姦,オカルト,実姉,成人向け,男性向け
 

同人エロ漫画格付け侍によるエロ漫画評価

私が独断と偏見で評価し決定した「L教会と異端者一家」の格付けは…

【 九段 】です。
 

おすすめの記事